看護師が長期にわたり勤務し続けるためには、職場選びが大切です。ナースの勤務先は医療機関のみであると考えられがちですが、実際には訪問介護の現場や海外旅行への同伴等、幅広い職種があります。従って、視野を広げると、個々の希望条件に応じた勤務先を見つけるチャンスがあるので、給与以外にも、雇用形態や福利厚生などにも注目して職場選びをすることをおすすめします。

看護師が転職をする際に重視すべき点としては、雇用形態が挙げられるでしょう。知名度の高い大手医療機関で正職員として勤務する場合は、安定した給与が約束される事に加えて、充実した福利厚生制度を利用することもできます。これは一般的に提供されている各種保険制度だけでなく、勤務先の医療機が独自に提供する住宅補助の制度や、託児所などの育児をサポートする施設の利用、財形貯蓄の支援制度などがあり、大きな魅力になります。また、医療機関の中には看護師をはじめ、各従業員に将来設計のアドバイスを提供するカウンセラーを常駐さたり、より充実した将来設計を支援してくれることもあります。その為、将来的に安定した生活という側面を優先したい場合には、理想的な勤務先となるでしょう。

福利厚生をはじめとした就労条件は個々の勤務先で大きな違いがあります。そのため、医療従事者の転職を専門的にサポートする事業者を利用したり、医療業界に特化した専門の転職サイトを活用したりするなどして、理想的な条件を提示している勤務先を見つけることがポイントになります。